ミズサワセミコンダクタ SDGs活動の取り組み


『ミズサワセミコンダクタは SDGsの目標である「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現に向け、「自分達でできる事から始める」をコンセプトに取組んでおります。環境に配慮した事業活動は勿論、安心して暮らせる活力ある未来の創出に貢献したいと考えています。 』

【取り組み1】ユニセフ支援
2.1

2030年までに、 飢餓を撲滅し、全ての人々、特に貧困層及び、幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする。

2.2

5歳未満の子供の発育障害や消耗性疾患について国際的に合意されたターゲットを2025年までに達成するなど、2030年までにあらゆる形態の栄養不良を解消し、若年女子、妊婦・授乳婦及び高齢者の栄養ニーズへの対処を行う。

社内経費の支払いを現金からアメリカンエキスプレスカードに変更し、ポイントをアメリカンエクスプレス様が取り組んでいるユニセフ「栄養補給ミルク」活動に支援しています。

【取り組み2】環境対策
12.5

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

7.2

2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。

環境マネジメントシステムISO 14001 による環境活動を行っております。

  • 廃材のリサイクル
  • 社内のゴミ分別
  • クールビズの導入
  • 建物(排水処理施設)屋根の断熱化